Articles

出生前メタンフェタミン曝露の新しい胎便バイオマーカー影響を受けた新生児の同定 | Web Root

メタンフェタミン(MAMP)に出生前に曝露された乳児10は、妊娠期間 MAMPに曝露された乳児を特定することは、医学的、行動的、社会的介入を確立するだけでなく、長期的な影響を特徴付けるためにも不可欠です。 幼児の発達、環境、およびライフスタイル(理想的な)研究では、71。影響を受けた新生児の0%は、胎便検査の肯定的な結果ではなく、産後のインタビュー中に母親の開示を通じてのみ同定された;25.2%は自己報告と陽性の胎便の結果によって同定された、と3.8%は胎便分析のみによって同定された(3)。

胎便中の検出率が低いことを説明する可能性を提案しました。 まず、理想的な研究のほとんどの女性は、第一または第二学期(でMAMPの使用を停止した3、4)。 胎便は、第二期に形成を開始し、私たちの研究室や他の人からのデータは、第二期の薬物曝露が不十分胎便(に反映されていることを示唆している5、6)。 実際、胎便サンプルは、母親のMAMP薬物使用が第3期に継続し、週に1回を超えたときに陽性をテストする可能性が高かった(3);まだ、第3期の間に暴露された新生児の54.3%は、アンフェタミン陰性胎便を持っていた。

第二に、試験手順は、アンフェタミン陽性胎便サンプルの数が少ないことに寄与する可能性があります。 胎便サンプルは、最初に500ng/gアンフェタミンカットオフで酵素乗算免疫測定法(EMIT)でスクリーニングされました。 結果が陽性であれば,MAMPおよびアンフェタミン(AMP)の存在がGC-M Sによって確認された。 直接改善された検出限界とクロマトグラフ手順でこれらのサンプルを分析することにより、我々は理想的な集団内の偽陰性免疫測定結果の有病率

最後に、アンフェタミンスクリーンでの陽性結果の約70%が確認されなかった。 MAMP/AMPを標的としたEMITアッセイは、市販の風邪薬成分、フェネチルアミン、および他の違法なアンフェタミンを含む他の交感神経模倣アミンと交差反応する。 さらに、胎便中の内因性物質、他の外因性化合物、または軽度のMAMP/AMP代謝産物は、陽性の免疫測定結果を生成する可能性がある。 コカインとカンナビノイドに関する以前の研究は、より高い割合で胎便で発生し、著しくイムノアッセイ(で交差反応する比較的マイナーな大人の代謝産物を同定した7、8)。

MAMP曝露の検出が不十分であるため、私たちの研究室は、出生前MAMP曝露の3つの潜在的な代替胎便バイオマーカー、p-ヒドロキシメタンフェタミン(pOHMAMP)、p-ヒドロキシヤムフェタミン(pOHAMP)、およびノルエフェドリン(NOREPH)を調査することを促した(図1)。 1). pOHMAMPとNOREPHは、理想的な研究の一環として収集されていないMAMP陽性胎便サンプルのそれぞれ86.0%と25.6%で発見されました; POHAMP濃度は、常に定量の限界(LOQ)を下回っていた(9)。 しかし、MAMPおよびAMPが存在しない場合、これらの新規バイオマーカーがMAMP曝露乳児の同定を増加させるかどうかはまだ明らかではなかった。 本研究の主な目的は、新規MAMP代謝産物pOHMAMP、pOHAMP、およびNOREPHがMAMPおよびAMP曝露新生児の同定を改善することができるかどうかを決定することでした。

MAMP、AMP、NOREPH、pOHAMPおよびpOHMAMPの代謝経路。

理想的な研究の詳細な説明は以前に公開されています(10)。 情報に基づいた書面による同意を提供した後、母親は妊娠中のMAMP、エクスタシー(3,4-methylenedioxymethamphetamine、またはMDMA)、およびAMP消費の量と頻度についてインタビューを受けました。

乳便が出現するまで、おむつから胎便を採取した。 サンプルは冷蔵まで一泊輸送は米国薬物試験研究所(デPlaines、IL)分析しています。 尿アンフェタミン検査用に設計されたSyva EMIT II Plus(Dade Behring/Siemens Healthcare Diagnostics)スクリーンは、メタノール均質化および固相抽出に供された後、胎便サンプルに使用された。 サンプルが≧5 0 0ng/gのスクリーニング結果を有する場合、GC−MS分析は、MAMPおよびAMP(5−ng/gカットオフ)の存在を確認した。 分析後、胎便試料を、さらなる評価のために国立薬物乱用研究所に凍結して出荷した。<5 7 3 2><7 0 1 9>分析後、胎便試料は、National Institute o n Drug Abuse(薬物乱用研究所)に出荷した。<5 7 3 2><7 0 1 9> 3つの理想的な参加者グループから胎便サンプルが選ばれました: (a)アンフェタミンの使用を否定した48人の女性にまだ胎便スクリーンで肯定的な結果がありました;(b)アンフェタミンの使用を自己報告した62人の女性にまだ胎便スクリーンで否定的な結果がありました;および(c)アンフェタミンの使用を自己報告し、胎便スクリーンで肯定的な結果があった22人の女性。 再分析には、メタノール均質化、固相抽出、および液体クロマトグラフィー-タンデム質量分析(LC–MS/MS)分析が含まれていた(11、12)。 最初の72サンプルは、MAMP、AMP、pOHMAMP、pOHAMP、およびNOREPHについて分析された;a12。Pohmampを除いて、5−ng/gのLOQ遮断を使用し、8−ng/g遮断を使用した(1 1)。 残りの60サンプルは、MAMP(2.5ng/g)、AMP(5ng/g)、およびpOHMAMP(1ng/g)(12)のためのより低いLOQsを有するLC-MS/MS手順で分析した;pOHAMPおよびNOREPHは、初期データセットでの有病率が低

SPSSバージョン16.0for Windows(SPSS)とMicrosoft Excelをデータ分析と統計評価に使用しました。 P値<0.05は統計的に有意であると考えられた。

132件の胎便サンプルのうち、43件(32件)を表示しています。LC−MS/MS分析により1つまたは複数のMAMPバイオマーカーを含有した。 ほとんどの肯定的なテストのサンプル(62.7%)はMAMP、AMPおよびpOHMAMPを含んでいました;MAMPおよびAMPはサンプルの16.3%だけで見つけられました。 MAMPおよびpOHMAMPは4.7%で同定され、MAMPのみが2.3%で観察された。 驚くべきことに、6(14.0%)43サンプルのPOHMAMPのために陽性であったMAMPまたはAMPのための陽性の結果なし。 pohampとNOREPHは少数の試料で同定され,MAMPとAMPも存在した場合にのみ同定された。

妊娠中にアンフェタミンの使用を拒否した48人の女性には、陽性としてスクリーニングされた胎便サンプルがありました。 ほとんどの胎便試料の結果は、LC-MS/MS再分析では確認されず、MAMP、AMP、および/またはpOHMAMPを含む2つの試料のみが含まれ、1つの試料は6.2ng/g MAMPを含む(表1)。 妊娠中にアンフェタミンの消費を報告した62人の女性の新生児からの胎便サンプルを評価しましたが、乳児の胎便サンプルは陰性としてスクリーニングされました。これらの女性の48人は第一期または第二期(早期暴露)でアンフェタミンの使用を停止しましたが、残りの14人の女性は第三期(後期暴露)に虐待を続けました。 トゥエンティ(32.62の胎便試料のうち3%)は、LC-MS/MS LOQを超える1つまたは複数のバイオマーカーを含み、pOHMAMPのみを有する6つの試料を含んでいた(表1)。 これらの6つのサンプルは第1および/または第2学期にアンフェタミンを使用した2人の女性および第3学期に使用を続けた4人の女性から LC-MS/MS分析によるMAMP、AMP、およびpOHMAMP個々および総バイオマーカー濃度は、妊娠初期に暴露された新生児からのすべてのサンプルを含む59(95.2%)62胎便サンプルのイ 陽性の自己報告および陽性の胎便スクリーニング結果を有する22人の女性のうち、胎便サンプルの1を除くすべての結果は、GC-MSおよびLC-MS/MSの両方に

1

LC-MS/MSによって試金されるように胎便のアンフェタミンそして代謝物質の流行そして集中。

分析したサンプル、N 陽性、N(%) 中央値、ng/G 範囲、ng/g
免疫学的検定画面における陰性母体自己報告および陽性結果(n= 48)
MAMP 48 2 (4.2) 2479 6.2–4952
アンプ 48 1 (2.1) 1106
ポーマンプ 48 1 (2.1) 28.9
ポハンプ 19 0 (0.0)
ノレフ 19 1 (5.3) 31.4
イムノアッセイスクリーン(n)における陽性母体自己報告および陰性結果= 62)
MAMP 62 14 (22.6) 29.3 5.1–10370
アンプ 62 12 (19.4) 23.1 5.1–1600
ポーマンプ 62 15 (24.2) 23.0 1.3–435
ポハンプ 34 1 (2.9) 17.1
ノレフ 34 2 (5.9) 26.8 13.7–39.9
免疫学的検定画面における陽性母体の自己報告と陽性結果(n= 22)
MAMP 22 21 (95.5) 1455 188-10250
アンプ 22 21 (95.5) 285 20.3-1012
ポーマンプ 22 19 (86.4) 140 27.2–402
ポハンプ 19 0
ノレフ 19 8 (42.1) 17.0 14.2–96.9

pohmampの存在と胎便試料中のその濃度をmampの使用の母体パターンと推定妊娠期間と比較し,pohmampの処分に影響を及ぼす可能性のある因子を調べた。 pOHMAMPはより頻繁に同定され、薬物使用が早期に停止した場合(新生児50人中11人、22.0%、中央値、23.0ng/g、範囲、1.2–343ng/g)よりも第三期(新生児34人中23人、67.6%)に曝露が続 曝露頻度はpohmampの存在または濃度とは関連しなかった。 若い母親の年齢と出生体重の減少は、pOHMAMPの存在と関連していたが、胎便の濃度と直線的に相関していなかった; MAMPおよびAMPについても同様の結果が観察された(この簡単な通信のオンライン版http://www.clinchem.org/content/vol56/issue5に付随するデータ補足の表1を参照)。

pOHAMPとNOREPHのモニタリングは、罹患した乳児の同定を増加させなかった;これらの分析物は、MAMPとAMPとの組み合わせでのみ発見された。 しかし,スクリーニング結果が陰性であった六つの追加新生児は,胎便中のpohmamp存在のみによって同定された。 他のイムノアッセイ反応性バイオマーカーの同一性を決定し、他の内因性および外因性分析物とのイムノアッセイの交差反応性を低下させるためには、さらなる研究が必要である。 Mooreら。 プソイドエフェドリンまたはフェニルエチルアミン(13)の陽性であるとしてアンフェタミンイムノアッセイで陽性をテスト胎便サンプルの大部分を

母体の自己報告MAMPを使用した新生児3人に1人近くが、免疫測定陰性の胎便の結果はLC-MS/MSの結果が陽性であったが、ほとんどの濃度は低かった。 免疫測定カットオフ濃度を減少させると、より多くの真陽性サンプルが同定された可能性があるが、既に低い確認率を考えると、それは可能性が高い Marinら。 EMITアッセイ(2 0 0−ng/gカットオフ)をELISA(2 0−ng/gカットオフ)と直接比較した(1 4)。 低いELISAカットオフにもかかわらず、両方のイムノアッセイは、クロマトグラフ確認試験の結果と比較した場合、同等の偽陽性率を示した。 母親の自己報告MAMP乱用の場合は、理想的な研究で行われたように、胎便検査または母親の自己報告で肯定的な結果に基づいて、クロマトグラフ検査を直接行うか、mamp曝露群に新生児を含めることが推奨される場合があります。

pohmampは、母親のアンフェタミンの消費が第三期に続いたときにより頻繁に存在しましたが、その存在はMAMPの使用頻度に影響されませんでした。 POHMAMPの形成および/または処分にどのような他の要因が寄与するかはまだ明らかではない。 MAMPは、CYP2D6(15)によってAMPおよびpOHMAMPに生体変換され、これは>70の対立遺伝子変異体(16)および妊娠中の活性の増加(17)を有する;参加者のファーマコゲノミクスは不明である。 尿中では、未変化のMAMP、AMP、およびpOHMAMP濃度が優勢である(18、19)、胎便中の処分と同様である。 胎児の肝臓は妊娠初期にCYP2D6を産生する(20)が、MAMPの代謝効率は不明である。 胎便におけるバイオマーカーの性質にどの因子が影響するかを解明するためには、追加の研究が必要である。

要約すると、pOHMAMP単独で追加のアンフェタミン曝露新生児を同定したが、pOHAMPとNOREPHは同定しなかった。 アンフェタミンイムノアッセイ陽性胎便の確認率は増加しなかった。 胎便のイムノアッセイにおける未確認の陽性結果に寄与する交差反応性種を同定するためには、さらなる研究が必要である。