Articles

PetaPixel

私はしばしば、画像内の特定の光度値を対象とするLightroomでグローバルな調整を実行したいと思っていました。 最近、私はこれを達成する方法を発見しました。 これは、例えば、光度マスキングやPhotoshopでマスキングブレンド-ifほど正確ではありませんが、まだそれは余分な私たちの多くは、私たちの編集で探してい
これは、ノルウェーのロムスダレンで7月に撮影された、我々が協力する画像のストレートアウト-オブ-カメラ-バージョンである。

Pentax K-1,Pentax15–30mm

まず、私は物事がどのように見えるかに合理的に満足するまで、トーンや色を働いて私の定期的なファッションから始めます。 次に、放射状のフィルターで画像を囲むようにズームアウトします。 フィルタが画像全体に影響を与えるようにしたいので、フェザリングをゼロに設定します。

言うまでもなく、最初のグローバルラジアルを設定した後、ラジアルフィルタを終了し、画像を希望する作業サイズにリサイズしてからラジアルフィルタに戻ることができます。

最初に私はラジアルフィルタースライダーを使用してハイライトにいくつかの調整を行いたいと思います。 私は様々なスライダーの下に位置している範囲マスクをクリックするまで、調整は、画像全体に影響を与えます。 私は輝度機能を選択し、Alt/Optを押しながら私は右に向かって左のスライダーを移動します。 左のスライダーは影を保護し、右のスライダーはハイライトを保護します。

スライダを動かすときにAlt/Optを押したままにすると、Lightroomは何が起こっているかを明らかにするマスクを提供しています。 通常の方法では、それは白が明らかにし、黒が隠す黒と白のマスクです。

ハイライトマスク

つまり、調整は画像の白い部分に最大の影響を与えます。

ラジアルフィルタの中央を右クリックすると、新しいポップメニューが表示され、複製をクリックします。 私はすべてをゼロにし、また、輝度範囲のスライダーをリセットすることを忘れないように”効果”をダブルクリックします。

今、画像の暗い部分を念頭に置いていくつかの調整を行っています。 しかし、今Alt/Optを押しながら、私はハイライトを保護する左に向かって右の輝度範囲マスクスライダを移動します。

シャドウマスク

ミッドトーンのコントラストもいくつか追加したいと思います。 私は私には楽しいように見える調整を行い、次に私は中央に向かって両方の輝度範囲マスクスライダーを移動します。

Midtones mask

‘Show Luminance Mask’オプションをチェックすると、赤いオーバーレイマスクが表示されます。 私は上記のようにマスクを使用することを好みます。

Lightroomでは、ローカル調整ツール(ブラシ、グラデーション、放射状)を使用するときにカラーマスクオプションも提供しています。 私はあまりにも遠くに物事をプッシュする場合、それはエッジハローで私たちを残すことができるという事実のために細心の注意を払ってそのマ

輝度範囲マスクスライダの下には、”滑らかさ”があります。 このスライダーはAlt/Optを押したままにすることにも応答し、スライダーを移動したときにマスクを介して何が起こるかを見ることができます。

ラジアルフィルタまたはブラシツールを使用して、空のハイライトの一部を強化したいとします。 私の調整を行った後、私は左のレンジマスクスライダーを使用して空の暗い部分を保護することを確認してください。

次に、Alt/Optを押しながら滑らかさスライダを動かし始めます。 さらにマスクを洗練するために、私はまた、フェザリングスライダーで遊んで。 マスクの調節は意外にも精密なマスクで起因した。

滑らかさ、フェザリング、輝度マスキング

マスクを使用して調整を絞り込み、収縮させると、元の調整は強度の一部を失います。 私はその後、多くの場合、それは私が後に午前効果を達成するために、ブラシ、ラジアルフィルタやグラデーションツールであるかどうかの調整を複製します。

もちろん、物事の順序を逆にすることは可能ですが、まずマスクを決定してから調整を行い、必要に応じてマスクをさらに微調整します。

以下は、輝度マスクによって制御されるグローバル調整とローカル調整の両方を適用することにより、Lightroomで全体を編集した完成画像です。

著者について: Ole Henrik Skjelstadはノルウェーからの風景写真家と数学の先生です。 この記事で表明された意見は、著者の意見のみです。 あなたは彼のウェブサイト、Flickr、500px、およびInstagramの上でSkjelstadの作品の詳細を見つけることができます。 この記事もここに掲載されました。