Articles

液体中プラズマ:ナノ材料の作製と廃水の処理における新しいツール-RSC Advances(RSC Publishing)

液体中でプラズマを生成する試みは成功しており、様々なデバイスが提案されている。 多くの報告がプラズマを生成するために必要な最適条件を記述しており、プラズマの組成とともにメカニズムが推測されている。 液体中でプラズマを生成する安定な方法(およびメカニズム)の解明は、この新しいエネルギー源の応用に関する様々な積極的な研究につながっている。 このレビュー記事では,液体中プラズマの発生器と発生メカニズムについて述べ,進化する技術に注目した。 水中プラズマの特性をまとめ,ナノマテリアル合成と廃水処理の例を示した。 化学物質や高温高圧容器を使用しなくても、電力を使用して便利に極端な反応場を生成することができます。 化学反応を行うことができ、液体中のプラズマを使用することにより、高効率と操作性で環境修復プロセスを達成することができる。 化学プロセスに液体プラズマを導入するための提案を論じた。