Articles

心原性ショックのための機械的循環支援装置:State of the Art

心原性ショックの治療の焦点は、血行力学的蘇生と最適化によって臓器不全を予防し、同時に潜在的な可逆的原因を評価し治療することである。

血行力学的支持

心筋機能不全は、脳卒中量の減少、心室拡張期圧および壁ストレスの増加、冠動脈灌流圧の低下のスパイラルを生成する。 さらに、左心室(LV)機能不全および虚血は、拡張期硬直を増加させ、これは左心房圧を上昇させ、肺鬱血、低酸素症および虚血を悪化させる。 初期の代償機構は、交感神経系およびレニン–アンジオテンシン–アルドステロン系の活性化をもたらす。 症例の約40-50%において、サイトカインの同時活性化、誘導性一酸化窒素シンターゼ(iNOS)の増加、NOおよびその後の血管拡張および低血圧のレベルの増加が 炎症性カスケードの活性化は、心筋うつ病と関連している。 インターロイキン(IL)-1、IL-6および腫瘍壊死因子(TNF)-αおよび活性酸素種(ROS)などのサイトカインは、微小循環障害につながる局所自己調節を乱すことができ これはまた、組織レベルでの酸素抽出の減少に寄与する可能性がある。 大循環の正常化を反映する血行力学的パラメータの改善は、必ずしも微小循環の回復をもたらすとは限らない。 これは蘇生が全身のhemodynamic変数の正常化で起因したが、microcirculatory散水および酸素処理の改善をもたらさなかったhemodynamic一貫性の損失の条件の調査によって示されて

心原性ショック患者の血行動態管理を三つのステップに分けることができます。

ステップ1: 初期評価(サルベージフェーズ)

心原性ショックの認識は、病歴、身体検査、検査室調査、心電図(EKG)、および心エコー検査に基づいて病因および血行力学的プロフ 最初の査定および管理は患者があるところはどこでも—緊急治療室、血行力学の実験室、外科部屋または集中治療室(ICU)行われる。 病院前診断の場合であっても、このサルベージ段階で適切な管理を開始すべきである。

: 動脈血圧は、連続的に形質導入された動脈ラインを使用して監視する必要があります。 最初の目標マップは、個々の変動を考慮して、少なくとも65mmHgでなければなりません。 この設定では、半径方向または大腿部へのアクセスが好まれます。 幹線はまた血のガスの分析および幹線乳酸塩の監視を可能にする。 動脈カテーテルは、適用可能な場合に機械的に換気された患者における流体応答性の予測因子である脈圧変動(PPV)の計算を提供する。 低侵襲心拍出量は、動脈波形解析に基づくデバイスを使用して、患者の初期管理に有用である可能性があります。 しかし、多くの研究では、急性/非常に低い心拍出量状態および心原性ショックの設定において、これらの装置の一貫性のない性能が示されている。

中心静脈カテーテル:中心静脈カテーテル(CVC)は、流体、異方性および昇圧剤を適時に投与することを可能にする。 CVCから、中心静脈圧(CVP)、中心静脈酸素飽和度(Scvo2)および中心静脈二酸化炭素圧(Pcvco2)などの重要な血行力学的変数を得ることができる。 CVCは、超音波ガイダンスを使用して、内頸静脈に優先的に挿入する必要があります。

心エコー検査:心原性ショックの文脈では、経胸腔性心エコー検査は診断と治療に不可欠です。 ICUでは,左右の心室機能,弁機能障害,機械的合併症の排除/診断の評価には繰り返し心エコー検査が推奨される。 心エコー図はまた、ボリュームの応答性を予測し、クリティカルケア介入への応答を決定するために、心拍出量、心臓充填圧力の推定のためのICUの血行動態 心エコー検査の主な利点は、その非侵襲性および心臓構造および機能の両方を評価する能力である。 左室流出路における流れの速度–時間積分(VTI)の測定,RVサイズの測定,心膜滲出液の検索,大静脈直径の呼吸変動の検索から,インテンシビストはショックのタイプを迅速に確認および/または定義することができる。 さらに,流体応答性の治療試験または流体投与によって誘発される心拍出量の変化は,左室流出路の面積が短い期間にわたって変化しないため,vtiの変化によって確実に推定することができる。

昇圧剤: ノルエピネフリンは、心原性ショックにおける選択の昇圧剤と考えられている。 心原性ショック患者のサブグループ分析は、ドーパミンに比べてノルエピネフリンによる死亡率が低いことを示唆した。 ドーパミン使用に関連する心拍数の増加は、虚血性事象の増加に寄与する可能性があると推測される。 敗血症性ショック患者の最近の研究では,早期蘇生中のノルエピネフリン投与は,動脈圧の上昇に続発する左室後負荷の推定増加にもかかわらず,心収縮期機能を増加させた。 ノルエピネフリンに難治性の血管拡張性ショック(用量>0.2μ g/kg/分)の患者では、バソプレシンを開始すべきである。 この薬剤は、心房細動の速度の低下および血管拡張性ショックにおける腎補充療法(RRT)の必要性の低下と関連している。 エピネフリンは、乳酸レベルの増加、酸素消費量および不整脈の増加、およびより高い死亡率との関連のために、心原性ショックに使用すべきではない。

最近の無作為化臨床試験では、ノルエピネフリンは血行力学的目標を達成する上でエピネフリンより優れており、急性心筋梗塞後の心原性ショッ 2584人の患者からの個々のデータのメタアナリシスは心原性の衝撃の患者の血行力学管理のためのエピネフリンの使用が死の三倍の高められた危険と関連していたことを示した。

: 変力剤の添加は、心原性ショックにおける昇圧剤による血行力学的安定化後のストローク量の改善に役立つ可能性がある。 ドブタミンは最初の療法であり、(開始用量2.5μ g/kg/分)は脳卒中量を回復させるために急速に作用することがある。 Levosimendanおよびmilrinoneは、それらの血管拡張特性のために、心原性ショックの管理に使用すべきではない。

体液および赤血球:心原性ショックで起こり得る血管拡張のために、多くの患者が血液量減少を発症する可能性がある。 これらのケースでは、流体の状態の動的評価は、心エコー検査パラメータと心拍出量モニタを介して実行されるべきである。 流動挑戦は小さい容積および目標とされた管理によって流動積み過ぎの有害な結果を避けている間容積の枯渇を識別し、同時に扱います。

赤血球輸血は、inotropesおよび昇圧剤の投与および体液状態の評価後の血行力学的パラメータに従って、個別に推奨される。 通常、ショック患者の酸素送達を最適化するためには、ヘモグロビンレベル>8g/dLが必要です。 しかし、この値は、血行力学的状況、患者の年齢、併存疾患および貧血およびショックに対する代償反応に依存する。

ステップ2:最適化と安定化

心原性ショックの血行力学的管理の第二段階は、血行力学的目標を最適化し、合併症を予防するために患者を安定 この設定では、正確な血行力学的モニタリングが推奨され、治療法および患者の応答の再評価が行われるべきである。 ケアの目的は、流体の状態を最適化すること、および酸素送達および組織灌流を改善するために異方性および昇圧剤の用量を調整することである。

血行動態モニタリング:臨床検査、CVP、動脈血圧、心拍数、ガス分析、心エコー検査、低侵襲心拍出量評価から情報を収集した後、ほとんどの場合、有効な治療上の決定を行い、最も適切な血行動態療法を選択することが可能である。 患者の反応が陽性であり、ショックが解決している場合、それ以上の監視装置を追加する必要はない。 応答が不十分な場合は、高度な血行力学的モニタリング技術を使用してより多くの情報を得ることが推奨される。 急性呼吸窮迫症候群(ARDS)がショックと関連している場合は、この状況では流体管理がさらに困難であるため、高度な血行動態モニタリングを早期に使 高度と考えられる二つの血行動態モニタリング技術は,肺動脈カテーテル(PAC)と経肺熱希釈システムである。 PACの使用は無作為化された臨床試験の批判的に病気の患者の使用の利点を示す失敗と同様、血行力学の変数を測定し、解釈する難しさのために最後の二十 それにもかかわらず、PACは依然として重症患者の血行力学的モニタリングにおいて重要な役割を果たす可能性があることが最近示唆されている。 現在、PACは、難治性ショック患者、RV機能不全および/またはARDSを有するショック患者、および理想的な機械的循環支持装置を選択する場合に推奨される。 その利点は、肺動脈圧を測定し、肺血管抵抗および右心房圧、左および右心室の仕事、肺動脈閉塞圧(PAOP)、混合静脈酸素飽和度(Svo2)、酸素送達、酸素消費および抽出

重度のショックを有する患者、特にARDSの場合には、経肺熱希釈の使用が推奨される。 この技術は断続的な方法で心拍出量を測定するが、transpulmonary thermodilution装置はまた最初の口径測定の後で圧力波形の分析によって心拍出量の実時間測定を提供できる。 圧力波形解析はまた、PPVおよび/またはストローク体積変動(SVV)、予圧応答性の二つの動的マーカーを継続的に提供します。 心拍出量の測定は高い血の流れRRTの患者で正確、精密、である。 熱希釈曲線の数学的分析は、グローバル拡張末期体積(GEDV)、心臓予圧のマーカー、心機能指数およびグローバル駆出率、心臓収縮期機能のマーカーなどの他の血行力学 血管外肺水(EVLW)は肺水腫の定量的尺度であり,肺毛細血管漏出のマーカーである肺血管透過性指数(PVPI)である。 したがって、このような装置は、臨床医が流体投与の利益/リスク比を評価するのを助けるので、付随する急性循環不全および呼吸不全を有する患者 利点はこれらの装置が提供する前負荷の敏感さの索引によって評価することができる(PPV、SVV、受動の足の上昇または終り呼気の閉塞テストへの脈波の 高度な血行動態モニタリングを使用するための勧告は、最初の治療に反応しないおよび/またはARDSを関連させたショックを有する患者のサブグループ

ステップ3:滴定療法

この段階では、治療に対する反応に関して患者を慎重に評価する必要があります。 臨床検査、マクロ血流および微小血流変数、灌流組織マーカー、および可能であれば、微小循環は、患者の循環状態を識別しようとする統合的なアプローチで評価されるべきである。 血行力学的安定性の場合、血管作用薬の離乳を開始することができ、脱エスカレート療法が目標である可能性がある。 しかし、患者の10-15%は、昇圧剤および異方性物質の増加用量を必要とする難治性ショックを発症し、組織低酸素症の徴候を示し、多くの場合、既に臓器不全を発症している。 この設定では、機械的循環支持を考慮する必要があります。

心原性ショックの病因に応じた具体的な管理

急性冠動脈症候群による心原性ショックの場合、心筋血管再生は生存利益が証明された唯一のエビデンスに基づく治療法である。 時機を得たpercutaneous冠状介在(PCI)が実行可能ではないときstemiの患者のために線維素溶解は予約されるべきです。 ショック試験は心原性ショックにおけるマイルストーン無作為化試験の一つである。 それはPCIまたは冠動脈バイパス移植(CABG)のいずれかで早期血管再建ベースの管理によって30日の死亡率の減少を示すことができなかったが、6ヶ月と長期 心原性ショックを有する患者の80%以上が、多血管または左主冠動脈疾患を有する。 これらの患者は、単一血管疾患を有する患者よりも高い死亡率を有する。 近年では、犯人病変に加えて、すべての高悪性度病変の即時多血管PCIが推奨されている。 しかし、心原性ショック(犯人ショック)試験では、30日死亡率またはrrtを必要とする重度の腎不全(45.9%犯人病変のみPCI対55.4%即時マルチベッセルPCI群;相対リスク0.83;95%信頼区間0.71-0.96;p=0.01)の主要エンドポイントの減少を伴う犯人病変のみの戦略の有意な臨床的利益を示した。51.5%;相対リスク0.84;95%信頼区間0.72-0.98、p=0.03)。 二つの最近のメタアナリシスは、マルチベッセルPCIと長期フォローアップで同様の結果を伴う短期フォローアップで死亡率の増加を確認しました。 犯人ショック試験からの一年間の結果からのデータは、死亡率が1年で二つのグループの間で有意に異ならなかったことを示した;しかし、心不全の再入院

CABGは,血管再建のタイプが心原性ショック患者の転帰に影響しないことを示した。 現在の臨床診療では、即時CABGは患者の4%未満で行われています。 急性冠動脈症候群患者のPCI中および後には,抗血小板および抗凝固を含む抗血栓療法が不可欠である。 PRASUGREL/ticagrelorかclopidogrelはPCIを経ているすべての患者のアスピリンに加えて示されます。 不安定な患者の口頭antiplateletsの行為の遅れ、損なわれた手始めのために、糖蛋白質IIb/IIIaの抑制剤かcangrelorは心原性の衝撃でより自由に使用されるかもしれません。

非分画ヘパリンまたは低分子量ヘパリンも抗血小板薬で投与する必要があります。 心原性ショックを有する患者には特異的な無作為化試験はないため、他のタイプの急性冠動脈症候群と同じ勧告が適用される。 病因学的診断は転帰を改善するために不可欠である。 心原性ショック患者の初期評価では,急性心筋梗塞,心タンポナーデ,急性弁不全または肺塞栓症の機械的合併症を速やかに診断し治療するために心エコー検査を行うべきである。 治療の段階とは無関係に、臓器のサポートと維持は、ショックの重症度に応じて与えられなければならない。

機械的循環支持

昇圧剤および異方性物質の投与量の増加は、死亡率の増加と関連している。 機械循環サポートは心原性の衝撃の管理の必要な部分で、それが回復、palliation、心臓移植または耐久の機械循環サポート装置であるかどうか、橋に決定として一般 利用可能な経皮的補助装置の技術的特徴の比較を表1に示す。

表1経皮的循環補助装置の技術的特性

大動脈内バルーンポンプ

大動脈内バルーン(IABP)ポンプは、下行大動脈に経皮的に配置された逆流防止ポンプであり、世界的に最も使用されている補助装 バルーンが心臓と同期しているので、ネイティブのビートと安定したリズムが必要です。 四十年以上のために心原性の衝撃の患者の血行力学変数を改善するのに、IABPが使用されていました。 IABPはafterloadを減らし、心拍出量を高め、冠状流れを最大限に活用し、そして酸素の消費を減らす。 IABPの挿入は比較的容易であり、低コストであり、関連する血管合併症はまれである。 しかし、心拍出量の増加は比較的小さく、約500-800mL/分/m2である。 IABP-ショックII試験は、急性心筋梗塞後の心原性ショックおよびIABPまたは従来の治療に対する早期血管再建後の600人の患者を無作為化し、治療群間の30日の死亡率に差は認められなかった。 これらの結果は、心原性ショックにおけるIABPsのルーチン使用のための現在のクラスIIIB勧告とESCガイドラインにおけるIABP勧告の格下げにつながった。 2017年のESC STEMIガイドラインでは、機械的合併症(クラスIIa、レベルC)を有する患者にのみIABPの使用を推奨しています。

心原性ショックを有する急性心筋梗塞後患者におけるIABP療法の最近のメタアナリシス(IABP-SHOCK II試験の結果を組み込んだ)は、これらの患者におけるIABP療法の有用性にさらに疑問を呈している。 17の研究からのデータの分析、Romeo et al. IABP療法を受けている患者の短期または長期死亡率に全体的な違いは報告されていません。 興味深いことに、初期治療によって層別化すると、iabp療法は血栓溶解療法を受けている患者では死亡率を有意に減少させ(RR0.77、95%CI0.68–0.87)、一次PCIを受けている患者では死亡率を有意に増加させた(RR1.18、95%CI1.04–1.34)。

IABPの日常的な使用に対する証拠にもかかわらず、他のより洗練された装置が利用可能になるまで、それはしばしば初期機械的支持(ブリッジ療法)とし 関心のある別の分野は、後負荷の減少による体外膜酸素化(ECMO)を受けている患者におけるIABPの使用である。 ECMO患者におけるIABPの利点を示すデータがあり、PAOPの減少、肺水腫の減少、および生存率の増加がある。

TandemHeart

TandemHeart(TandemLife、Pittsburgh、PA、USA)は、連続流遠心ポンプを介して最大4L/minの機械的循環サポートを提供する経皮的遠心ポンプです。 酸素化された血液は、経中隔穿刺を介して配置された21Fr流入カニューレを介して左心房から回収され、その後、15-17Fr流出カニューレを介して下腹部大動脈または腸骨動脈に再注入される。 タンデム心臓は大腿静脈を通って挿入され、心房中隔を横切って左心房に進行する。 経腸穿刺の必要性は、その広範な使用に対する潜在的な制限である。 2005年、Thiele et al. 急性心筋梗塞後の心原性ショック患者におけるタンデム心臓療法の経験を報告した。 患者は、iabpまたはTandemHeartのいずれかで血行力学的支持に無作為化された。 主要な評価項目は血行力学的改善であった。 心臓パワーおよび心臓指数のより大きな改善は、タンデム心臓を受けている患者で見られたが、30日死亡率は、二つのグループで類似していた(43%対45%、p=0.86)。 2011年、Kar et al. 心原性ショック後急性心筋梗塞を有する80人の患者におけるタンデム心臓挿入後のアウトカムを報告した。 これらの患者のほぼ半数は、移植直前または移植時に心肺蘇生(CPR)を受けていた。 Tandemheart挿入は血行力学的指標の有意な改善と関連していた。 30日および6ヶ月の死亡率は、それぞれ40.2および45.3%であった。 左心房のワイヤー介在穿孔により死亡した。 その他の合併症には、輸血の必要性(71%)、敗血症/全身性炎症反応症候群(29.9%)、カニューレ周辺の出血(29.1%)、胃腸出血(19.7%)、凝固障害(11%)、脳卒中(6.8%)、および装置関連四肢虚血(3.4%)が含まれていた。

Impella

Impella(AbioMed,Danvers,MA,USA)は、吸引された血液を左心室から上行大動脈に排出することによって能動的な支持を提供する、連続的で非拍動性の軸流アルキメデス IABPとは違って、Impellaはtachyarrhythmiasまたは電気機械の分離の設定の安定性を促進する誘発するekgか幹線波形を要求しない。 報告されている合併症には、装置の移動、血栓症による装置の機能不全、溶血、輸血を必要とする出血、不整脈、四肢虚血、タンポナーデ、大動脈または僧帽弁損傷、およ

Impella FOR LVサポートには、2.5l/minの心拍出量を提供できるImpella LP2.5、3.7L/minの心拍出量を提供できるImpella CP、および5.0l/minの心拍出量を提供できるImpella LP5.0の3つのバージョンが用意されている。 2枚目のシングル。0の挿入には、2 2Frシースの挿入前に大腿動脈または腋窩動脈の外科的切断が必要である。

ISARショック試験は、急性心筋梗塞後の心原性ショック患者26人をImpella LP2.5またはIABP療法に無作為化した2センターの無作為化比較パイロット試験であった。 サポートの30分後の心臓指数は、Iabp(0.49±0.46対0.11±0)と比較して、Impella LP2.5の患者で有意に増加したが、インペラLP2.5の患者では、Iabp(0.49±0.46対0.11±0。31L/分/m2それぞれ;p=0.02)、4時間で、有意差は、心臓指数、変更された心臓パワー指数(CPI)、または血清乳酸塩に見られませんでした。 24時間後、尿の出力、昇圧要件、または機械的換気期間に有意差は見られませんでした。 溶血および輸血は、Impella LP2.5の患者で有意に高かった。 全体的な30日死亡率は、両方のグループで46%であった。

Ouweneel et al. 2017年には、心原性ショック急性心筋梗塞後の48人の患者をImpella CPまたはIABPによる血行力学的支持に無作為化したIMPRESS試験の結果を報告した。 デバイスの配置は、PCIの前、PCIの間、またはPCIの直後に発生しました。 特に、研究人口の92%は、蘇生を必要とする最近の心停止の病歴を有していた。 30日では、死亡率は同様であった(Impella CPまたはIABPでサポートを受けている患者では、それぞれ50%対46%;p=0.92)。 Impella CPのサポートを受けている患者では、より多くの出血事象が発生した。 148人の患者を含む最近のメタ分析では、TandemheartまたはImpellaの使用は心原性の衝撃の患者の高められた存続と関連付けられませんでした。

右心室支持

急性RV障害は、急性心筋梗塞、心筋炎、急性代償不全心不全、急性肺塞栓症、肺高血圧症、心臓切開後、移植後、LVAD移植後など、複数の状況で発生する RV支援のために現在利用可能な装置は、Centrimag(St Jude Medical,Waltham,M A)、磁気浮上プロペラを有する遠心ポンプ、Inpella RP、軸方向カテーテルベースのポンプ、およびPROTEK Duo(Cardiac Assist Inc.,Pittsburgh,PA)は、体外遠心ポンプを用いたカテーテルである。

RECOVER RIGHT研究では、医学的治療に難治性のRV障害を有する30人の患者におけるImpella RP(4.0L/minの心臓支持)の安全性と有効性を評価しました。 コホートは,LVAD移植後のRV障害を有する患者と急性心筋梗塞または心切り術後のRV障害を有する患者に分けられた。 30日または退院までの生存の主要なエンドポイントは、全体的な研究集団の73.3%で達成され、LVAD移植後のRV障害を有する患者の83.3%および心原性ショッ 退院したすべての患者は180日で生きていた。 これらの結果は、心原性ショックを有する患者におけるRVAD装置の以前の研究が退院時の42-57%の生存率を報告したことを考慮すると、特に説得力がある。 2015年、Impella RPは、LVAD移植、急性心筋梗塞、心臓移植または心臓切開後の急性RV障害と診断された体表面積(BSA)≥1.5m2の成人および小児患者に対してFDAから承認を受けた。

CentriMag(Levitronix LLC,Waltham,MA,USA)は、遠心ポンプ、電動機、およびコンソールで構成される短-中間支持装置です。 それは5000のrpmで9.9L/minまで連続的な流れを発生できる。 カニューレは正中線胸骨切開術によって挿入され、左心室または右上肺静脈に流入カニューレがあり、大動脈に流出カニューレがある。 それは長期機械サポートか移植に激しい心原性の衝撃の患者を繋ぐための治療上の選択または変力性およびIABPサポートが失敗するときである。

VA-ECMO

VA-ECMOは、心臓および/または肺が急性期に生命を維持できない患者に拡張サポートを提供する心臓肺バイパス機の一形態です。 VA-ECMOは心筋の回復に橋として処理し難い心原性の衝撃の患者に心肺サポート、決定への橋、耐久の機械循環サポートへの橋、心臓移植への橋または緩和療法 ポンプおよびoxygenatorの技術、percutaneous cannulationの技術および重大な心配管理の重要な進歩はecmoが実行可能な救命の様相として考慮されることを可能にした。

87,000人以上の患者が体外生命維持機構(ELSO)登録簿に登録されており、VA-ECMOを有する成人12,566人を含み、va-ECMOセンターの数は過去十年間で大幅に増加している。 VA-ECMO回路では、脱酸素化された血液は、大きなカニューレを介してポンプによって静脈循環から引き出される。 患者は中央に(開いた箱)または周囲にcannulatedかもしれません。 血液はポンプを通って酸素供給器に入り、そこでガス交換が行われます(二酸化炭素の除去と酸素化)。 酸素化された血液は、遠心ポンプを使用して別のカニューレを介して動脈循環に戻る。 現代の遠心ポンプは、血液損傷が少なく、発熱が少なく、血栓形成が少なく、古いローラーポンプよりも小さくなっています。 ポリメチルペンテン被覆無孔中空糸膜酸素化剤は、より低いプライミング容積を必要とし、より良いガス交換能力、改善された血液適合性を有し、凝固因子および血小板のより大きな安定性および保存を示す。

現代の経皮的アプローチは、ECMOサポート(体外心肺蘇生)、”現場”ECMOカニューレによるデリバリープログラム、心臓カテーテル検査室、外科室、ICUにおけるperiprocedural ECMOを含む、ecmoのより広い利用をもたらした。 ECMO回路からのcannulated足への戻された酸素化された血の流れの割合を指示する遠位灌流のカテーテルは大腿部のcannulationの重大な肢の虚血の危険を減らします。

VA-ECMO支援患者の生存率は控えめであり、病院死亡率は50-60%、6ヶ月生存率は30%と低い。 これは、潜在的な候補者の不十分な選択と関係する専門家の不十分な訓練の結果である可能性があります。

ECMOに対する患者の適切な選択は、ショック状態の潜在的な可逆性に関する適切な支持、患者の特性および処置の時間を考慮する必要があるため、 成人のVA-ECMOを評価する臨床研究はほとんどありません。 12の研究のうち、7はレトロスペクティブであり、2はメタ分析であり、3は前向き研究である。 劇症心筋炎や原発性移植片不全などのショックの潜在的に可逆的な原因を有する患者は、手術または急性心筋梗塞後の心原性ショックを有する患者よりも良好な生存率を有する。 心停止中または直後にECMOが配備されている患者は、特に予後不良である。 独立して悪い結果と関連付けられる前ECMOの危険率は腎臓、肝臓、または中枢神経系の機能障害、機械換気のより長い持続期間、高い乳酸塩のレベル、およ

ECMOを受けている患者の管理は、適切なセットとフロー制御、ガス交換の管理、左室予圧の低減、容積状態と抗凝固の監視、離乳の評価など、事前に定義されたプ 心エコー検査は、VA-ECMOを受けている患者を評価するために日常的に推奨されます。