Articles

全栄養混和剤におけるリポシンII脂肪乳剤の安定性

サフラワー油-大豆油脂質乳剤(Liposyn II、Abbott)と全栄養混和剤(TNAs)におけるアミノ酸およびデキストロースとの適合性および安全性を研究した。 脂肪質の乳剤、アミノ酸の注入および右旋糖の注入の31の組合せを表す六十から二の混和はテストされました。 脂肪質の乳剤の10%および20%の集中およびアミノ酸の注入および右旋糖の注入の3つの集中はそれぞれ使用されました;中心の混和の部品は3つの 電解質と微量金属の二つの混合物のうちの一つを混合の終わりに各試料に添加した。 六つのサンプルは、25℃で一日後にテストされました,35 5℃で二日後プラス30℃で一日,と21 5℃で九日後プラス25℃で一日.マルチビタミン注射は、ちょうど24時間室温保存の前に各TNAに追加されました. 各試料を目視検査した後、pH、乳剤粒子サイズ、およびゼータ電位(脂質粒子の静電表面電荷)を測定した。 アミノ酸を高速液体クロマトグラフィーで分離し,測定した。 デキストロースをサイズ排除クロマトグラフィーで測定した。 24匹のイヌの対照研究では、リポシンII20%を含むTnaの6時間注入を14日間投与し、その後、すべての主要な器官および組織を顕微鏡的に研究した。 適合性試験のすべての貯蔵時間において、すべてのTnaは均一なミルク様の外観を保持した。(250語で要約)