Articles

元帳仕訳帳とは?

会計仕訳帳は、会社で実行された業務が記録されている日ごとに作成される会計仕訳です。

元帳

元帳が持つべきことは、会計エントリ番号、その操作が行われた日付、それはすべきであり、すべきである、金額と概念です。

その機能は、秩序ある組織化された会計と相関番号付けを維持し、総勘定元帳を作成し、貸借対照表の正方形を調べることです。

フリーランサーの会計を維持する方法はこちらをチェックしてください。

購入、債務の支払い、販売、コレクション、投資、労働者の費用、ローン憲法、受け取った請求書の記録、。..

ジャーナルの利点は、会計上のエラーを減らし、日々の時系列に与え、その操作が整然として詳細であることです。

唯一の問題は、それが任意のアカウントの残高の動きを示さないということです、我々は唯一の記録を持っています。

仕訳帳には、開始、次の期間の開始残高、年末など、多くの種類の会計エントリがあります。..

また、アカウントを決済し、運動の結果に購入と販売の結果を移動することである料金や肥料、化合物または正規化の席のための通常のアカウント。

あなたが見つけることができない用語について知りたい場合は、私たちに連絡することができます。 私たちは、あなたの請求を完全に制御するためのオンライン請求プログラムです。