Articles

メタデータの役割

Lightroom Classicのカタログは、単に写真に関する情報のデータベースです。 その情報を編集して追加する方法を学ぶことは、時間の経過とともに写真を管理、検索、整理するのに役立ちます。

メタデータはあなたの写真に関する情報です。 いくつかのメタデータが作成され、EXIFメタデータと呼ばれるシャッターが押された瞬間にあなたの写真に適用されます。 これには、シャッタースピード、ISO、絞り、撮影日時などの情報が含まれます。 このEXIFメタデータは、インポート時に自動的にカタログに追加されます。 このEXIFメタデータ以外にも、Lightroom Classicでは、キーワード、タイトル、キャプション、星評価、フラグ、その他の多数のデータポイントなど、各写真に関する詳細情報を追加 カタログ(結局のところデータベースです)に追加するデータが多いほど、ワークフローでそのデータをより活用できます。

メタデータパネル

この情報は非常に重要なので、Lightroom Classicではさまざまな方法で表示されます。 最もよく知られている場所であり、一箇所で最も多くのデータを見つけることができる場所は、メタデータパネルです。 ライブラリとマップモジュールに位置し、メタデータパネルは、ダースの異なる方法で選択した写真に関する情報を表示するように設定することができ メタデータパネルの上部には、さまざまなビューへのアクセスを提供するドロップダウンメニューがあります。

これには、最も有用なEXIFメタデータと、タイトル、キャプション、著作権などの情報を入力するためのフィールドが含まれています。 このビューの上部にはファイル名フィールドがあり、必要に応じて選択した写真の名前を変更するために使用できる編集可能なフィールドです。 フィールドの中には編集可能なものもありますが、ほとんどは情報の種類に依存するためではありません。

一部のフィールドの右側には、右向きの矢印を持つ小さなアイコンがあり、クリックすると特定のタスクを実行できます。 各ボタンの上にカーソルを置くと、各データポイントに対して何をするかを説明するツールチップが表示されます。 たとえば、フォルダフィールドに関連付けられたアイコンは、選択した写真を含むフォルダにビューを切り替え、トリミングされたピクセル寸法に関連付けられたアイコンは、クロップツールで選択した写真を開きます。

データを多数の写真(またはすべての写真)に適用できる場合は、メタデータのプリセットを作成して、その情報を迅速かつ一貫して適用しやすくするこ 私は、著作権、著作権ステータス、作成者、権利使用条件、および著作権情報URLフィールドがプリセットに含めるための良い候補であることがわかります。 ステップ1:メタデータパネルの上部にあるプリセットドロップダウンメニューをクリックし、プリセットの編集を選択します(またはメタデータ>メタデータプリセットの編集に移動します)。

: “メタデータプリセットの編集”ダイアログ-ボックスで、プリセットに含めるフィールドの関連情報を入力します。 私の場合、私は著作権と連絡先情報に関連するフィールドを入力しました。

ステップ3:自分のデータを挿入するフィールド(上記のフィールドのように)の横にチェックボックスが表示されていることを確認し、空白のフィールドをオフにします(そのフィールドの写真のメタデータに含まれている情報を消去する場合を除きます)。

: 上部のプリセットドロップダウンメニューをクリックし、現在の設定を新しいプリセットとして保存を選択し、プリセットに意味のある名前を付け

このメタデータプリセットは、選択した写真の任意の数にバッチ操作として適用することができるようになりました。 インポートダイアログに切り替えて、そこからどのメタデータを入力できるかを見てみましょう。

インポート中

インポートダイアログでは、コピーオプション、移動、追加のいずれかを使用しているかどうかにかかわらず、インポート中に適用パネルが常に表示されます。 このパネルでは、現像プリセット、メタデータプリセット、およびキーワードを適用できます。 これらのものはいずれもインポート後にいつでも適用できますが、インポートの瞬間に適用することを選択すると、プロセスがより効率的になります。

私は個人的にこの段階で開発プリセットを適用する傾向はありませんが、私は常に私の著作権と連絡先情報を含む私が作成したメタデータプリセッ メタデータドロップダウンメニューをクリックすると、以前に作成されたプリセットが表示されるか、編集オプションを選択してここから作成するこ

このパネルで選択したものは、その時点でインポートされているすべての写真に適用されることを覚えておくことが重要です。 私は心の中ですべての写真でそれを作成したので、これは、私のメタデータプリセットのための問題ではありません。 ただし、この段階でキーワードを適用することを選択した場合は、インポートするすべての写真に均等に適用されるタグを選択する必要があります。 インポート後、適用されたキーワードはキーワードリストパネルに表示され、適用されたメタデータはメタデータパネルに表示されます。

メタデータの表示

特定のビットのデータを表示したいときにメタデータパネルを呼び出すことは必ずしも望ましくないか実用的ではありませんが、有 メタデータのさまざまな組み合わせを表示する最も便利な方法の1つは、ライブラリモジュールのグリッドビューのサムネイルにあります。 3つの異なるグリッドビュースタイルがあり、それらのすべては、ビュー>ビューオプションメニューからカスタマイズすることができます。

グリッドタブをアクティブにすると、使用するグリッドビュースタイルと、表示する情報(ある場合)を選択できます。 最もクリーンなオプションは、すべてのオプションがオフになっているコンパクトセルで、情報なしでサムネールを表示するだけです。 ただし、そのモードでも、[オプション]セクションの[画像情報を表示]ツールチップボックスをオンにして、写真の上にカーソルを置くと、メタデータの小さなツールチ Show Grid Extrasボックスをオンにすると、サムネイルの上下に数ビットのメタデータを表示することができ、Compact Cell Extrasセクションでデータの種類を設定できます。 上部のドロップダウンメニューを使用してコンパクトセルから拡張セルに切り替えると、拡張セルエクストラセクションで設定されているほとんどの情報が表示されます。 各ビューの好みのオプションを設定したら、そのダイアログボックスを閉じて、Jキーを押してさまざまなスタイルを循環させることができます。

ビューオプションダイアログのルーペタブに切り替えるルーペビューで写真を表示するときにオーバーレイとして表示されるメタデータの表示をカスタマイズ

選択したメタデータを表示するようにカスタマイズできる2つの異なる情報オーバーレイがあります。 ルーペビューでは、Iキーを押すと、これら二つのオーバーレイまたはオーバーレイなしを循環させることができます。 アクティブな情報オーバーレイは、グリッドビューまたはフィルムストリップのサムネイルの上にカーソルを置くと表示されるツールチップに表示されるも

また、ライブラリと開発モジュールの両方のヒストグラムパネルの下部にメタデータの小さなサブセットが表示されています。

このメタデータデータベースは、時間の経過とともに、あなたとあなたのフォトライブラリを検索、整理、および管理する能力に価値が増加するだけです。 スマートコレクションから独自のカタログダッシュボードを構築するなど、それを最大限に活用します。