Articles

マッククス、他のナエンミョンだけでなく

江原道の料理は、ソウル、Euljiro-4-gaの春川マッククスの風化した店先の外で、冷たい麺
を取る汎用性の高い、日曜大工であり、常連客はテーブルをつかんで、確立の有名な麺を楽しむためにファイルします。
ランチタイムを過ぎても、レストランは満員です。
江原道の伝統的な料理”マッククス”のボウルの後にボウルが到着します。 台所では、女性が新鮮なそばを作るからくりで働きます―この地域の珍味の中心です。

薄くて柔らかい麺は、すべての鎖をコートする”gochujang”、赤唐辛子ペーストの辛さに対してよく保持します。
鶏肉と千切りの味付け大根は、マッククスに歯ごたえ、歯ごたえ、甘い涼しさをもたらします。
ネンミョンに似た冷やし麺料理で、マッククスはその主成分であるソバが広く栽培されていたこともあり、江原道の珍味となった。
この名前は「粗麺」を意味し、一般的には皿の「粗麺」のイメージを指すか、最も外側の層のみを取り除いた「粗麺」の使用を指すと解釈されます。
1969年にソウルでオープンし、1970年代初頭に現在の場所に移転したChuncheon MakguksuのオーナーであるKim Jong-nyeo氏は、この料理が夜間の軽食としてどのように習慣的に楽しまれていたかに関連している。
冬のキムチ”ギムジャン”と大根の水キムチ”ドンチミ”が秋に作られた後、そばを調理し、味付けし、添えてドンチミまたはキムチスープに盛り付けたり、スパイシーなソースに混ぜたりして、省とその首都である春川の象徴となる冬の料理を作り出した。
今、それは多年生の珍味であり、急速に近づいている夏の暑さから逃れるための良い方法です。
金氏の設立時には、自家製のドンチミの小さな金属ボウルが春川スタイルのマッククスに同行していた。 緑豊かな、緑の、若い大根のキムチの料理は唯一の側面です。
“大根とそばがよく合う”とキム氏は、野菜が添えや伴奏として使用されている理由を説明した。 “大根とそばを一緒に食べると、消化を助けます。”
春川Makguksuでは、すべてのテーブルに酢、韓国のマスタード、ドンチミ、牛の脚の骨、鶏のスープを組み合わせた巨大な釜があり、顧客は国内のそばと少量の小麦粉から
実は、この料理の魅力の一部は、その汎用性にあります。
麺に大根、鶏肉、ゴチュジャンのソースを加えて混ぜたり、追加の薬味を加えたり、少し冷たいスープをかけて肉の風味を増したりすることができます。
一口一口の麺に、少し苦い緑の漬物である若い大根キムチをトッピングしてみてください。
冷たいスープとして楽しむには、ピッチャーからのスープに浸し、マスタードを加え、酢をドリブルしてかき混ぜて、スルップを誘発する、爽やかで、わずかにタルトの経験。
ボンピョンそばの故郷であるジャムウォン洞では、四種類のマッククスから選ぶことができます。
江原道奉平から供給された小麦粉、サツマイモ澱粉、そばから一日を通して社内で作られており、麺はやや透明で暗く、斑点があります。

(アンフン/韓国ヘラルド)

“mul”makguksuとして注文すると、麺は巨大な金属ボウルに到着し、寛大に提供され、二つを養うのに十分です。
脳が麻痺するように冷やした牛脚骨スープに浮かんでいるそばには、ゴマ、ギム、海苔、若大根キムチ、キュウリのスライス、味付け大根がアクセントになっています。 Gochujangベースのソースは、スーピー料理にキックを追加します。
オーナーのパク-ジョンギュ氏は、”一週間ほど熟成させています”と述べ、熟成プロセスは味を改善し、江陵市風の東チミフリーのマッククスの鍵であると付け加えた。
朴氏は、”ムル”と”ビビン”の両方を楽しむ方法の一つは、酢とマスタードを加えることだと述べた。
“酢は麺を噛むようにします”と彼は説明しました。
ジャン-オー([email protected])
詳細
春川Makguksuは、地下鉄2号線Euljiro-4-ga駅1番出口の近くに位置しています。 あなたが終了し、路地に左折するようにUターンを行います。 営業時間は毎日午前11時から午後10時までです。 マクグクスは5,000ウォンの費用がかかります。 より多くの情報呼出しのため(02)2266-5409。
奉平そばの故郷は、地下鉄3号線新沙駅4番出口の近くにあります。 約四から五ブロックのためにまっすぐに歩く。 NonHyun Wedding Hallに到着する前に通りに右折します。 道路の三方の分岐点にまっすぐ歩いてください。 中央のフォークを取ると、レストランは左側にあります。 毎日午前10時から午後10時まで営業しています。 マッククスは6,000ウォンから7,000ウォンの費用がかかります。 より多くの情報呼出しのため(02)511-7888。