Articles

マクロビウス、アンブロシウス-テオドシウス

(b.北アフリカ、fl。 紀元5世紀初頭)

ネオプラトニック解説。

マクロビウスはvir clarissimus et illustrisの称号を持ち、彼が高い政府の地位を占めていたことを示しています。 399/400、410、および422に奉仕しているとして、コーデックステオドシアヌスに記載されている三人の役人の一人で彼を識別するのが通例であった。 これらの同定に対する重大な異議は、マクロビウスはテオドシウスという名前で知られており、マクロビウスとしては知られていなかったということである。 さらに、彼のより大きな現存する作品であるSaturnaliaの内部証拠は、4世紀の終わりではなく、430年代の構成の日付を示唆しています。 この時期にテオドシウスという名前の公式が記録されているのは、430年のイタリアの知事であり、この識別はそれに応じて提案されている。

マクロビウスの他の現存する作品のタイトル、キケロのSomnium Scipionisに関する彼の解説は、その実際の内容を薄く偽装しています。 マクロビウスは、中世に存在したネオプラトニズムに関する最も満足のいく、広く読まれたラテン語の大要であるネオプラトニズムに関する論文を構築するための単なる提案としてキケロの作品の一節を使用している。 ソムニウム-スキピオニスと同様に、マクロビウスの注釈はプラトンのティマエウスの伝統にあり、マクロビウスの主な情報源はポルフィリのティマエウスに関する失われた注釈であったようであり、キケロ自身はおそらくポシドニウスのティマエウスに関する失われた注釈に触発されていた。

マクロビウスのピタゴラス数の伝承、宇宙論、世界地理学、球の調和に関する長い言い訳は、彼をラテン西部の科学の主要な大衆化者の一人として確立した。 数に関する彼の章は、主に神聖なピタゴラスの十年の中で数の美徳についての従来の声明で構成されていますが、数字はすべての物理的なオブジェクト(Commentarii、1.5.5–13)の根底にあるというピタゴラスの教義の細かい説明が含まれています。

マクロビウスの天上のエクスクルス(1.14.21–1.22.13)天文学の普及したハンドブックの在庫の特徴を示す。 球形の宇宙の中心にある球形の地球は、七つの惑星の球と東から西に二方向に回転する天球によって囲まれています。 惑星は西から東への適切な動きを持っています東から西へのより明白な動きに加えて、天球の回転によって”引きずられた”結果、天球はスキピオの夢の劇的な設定である天の川に特に注意を払って定義されています。 マクロビウスが惑星の順序を議論するとき(1.19.1-10)、彼は彼の二つの絶対確実な当局、プラトンとキケロは、太陽の位置について異なるので、彼は意図的にあいまいです。 金星と水星の上下のコースについてのマクロビウスの漠然とした声明は、ヘラクレイデスの地動説の博覧会として中世以来誤解されてきました。

マクロビウスとマルティアヌス-カペラは、地球を四つの四分の一に分ける赤道と子午線の理論の木箱を保存し、エラトステネスの地球の円周に252,000スタードの数字を広く採用する責任があった。 これらの概念は、中世の世界地理学に関する科学的思考を支配していました。

参考文献

I.オリジナル作品。 新しい重要なedを参照してください。 J.ウィリスによるマクロビウスの、2巻。 (Leipzig,1963;2nd ed., 1970). W. Stahl’S Macrobius’Commentary on The Dream of Scipio(New York,1952;2nd printing with supp. “ニューヨーク–ロンドン”(”Bibliography,New York-London,1966″)は、1966年のイギリスの小説。 P.W.デイヴィスの英語transも参照のこと。 サトゥルナリア(ニューヨーク、1968)とN.マリノーネのイタリアのトランスの。 (トリノ、1967)。

II.二次文献。 Stahlのtransの2番目の印刷の参考文献に加えて。 A.Cameron,”The Date and Identity o F Macrobius,”In Journal o F Roman Studies,5 6(1 9 6 6),2 5−3 8;M. Elferink,La descente de l’âme d’après Macrobe(Leiden,1968);J.Flamant,”La technique du banquet dans les Saturnales de Macrobe,”In Revue des études latines,46(1968),303-319;H.Görgemanns,”Die Bedeutung der Traumeinkleidung in Somnium Scipionis,”In Wiener Studien,81,n.s.2(jeauneau,Lectio Philosophorum(Amsterdam,1973);M.h.de ley,Macrobius and Numenius(brussels,1972);and”The Treatise on the Location of the Underworld at Macrobe,”in Antiquity;Classical,36(1967),190-208. Nも参照のこと。 Marinone,”Macrobiana Replica,”in journal of philology and classical education,99,n.s.59 (1971), 1-4, 367-371; A.R.Sodano,”porphyry commentator of Plato,”In Entretiens sur l’antiquitee classique,12(1966),193-228,On Macrobius,198-211;E.Tuerk,”A propos sde La Bibliotheque De Macerobe,”in Latomus,27(1968),433-435;”Macrobe et les nuits Attiques,”ibid. Willis,”Macrobius,”in Altertum,1 2(1 9 6 6),1 5 5−1 6 1;およびC.Zintzen,”mainz romisches und neuplatonisches bei Macrobius,”in The Palingenesia,4(1 9 6 9),3 5 7−3 7 6.

スチール